• Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Pinterest - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

横谷渓谷・八千穂高原撮影会

June 7, 2018

6月5日に横谷渓谷・八千穂高原に撮影会に行ってきました。最初に御射鹿池で撮影。

ここは東山魁夷の「緑響く」のモチーフとして有名な池です、近年観光客が増えたのか立派な駐車場が完備され、歩道も広く整備され撮影はしやすくなりましたが、ガッチリ柵がされ撮影の自由度は低下しました。東山魁夷風にホワイトバランスの変更や構図をお教えしながら撮影をしました。

 帰りに三井の森入口の小さな池と川を撮影しました。ここもロープを張ってあり撮影の自由度が下がっています。仕方が無いことですが撮影のマナーが下がっている証拠だと思います。デジカメの普及とともに心無いカメラマンも増えているのが実感できるので残念です。ここは水の色が以前よりブルーが強くなった印象です。

 

 

次は蓼科でもっとも有名な滝乙女滝から横谷渓谷を歩きました。天気が良くタップリマイナスイオンを浴びました。ここではシャッタースピードを変えながら表現方法の違いなどをお教えします。

 横谷渓谷は短い区間ですが滝や川の流れなどを撮影出来ます。

 昼食を信州ソバを頂き、次へ移動します。麦草峠経由で白駒池に向います。ここは私は池まで行かずに苔の森で苔の撮影の方法を実践的にお教えしました。

 苔の森は非常に撮影がし難いポイントです。どこへ行っても同じ風景で何を撮っていいか分からないと思います。参加者の持っているレンズの特性に合わせて撮影方法をお教えしました。教えていると他の撮影団体が寄って来て同じように撮影を始めます。このごろの撮影ツアーはプロが付いているがほとんど参加者に教えないツアーが多いです。

 最後に八千穂高原のレイク北線のツツジと白樺の群生地で撮影しました。華はまあまの咲き具合です。

ここでは華を使い前ボケや後ボケなどの表現方法うをレクチャーし、白樺や花の配置、構図を中心にお教えしました。

 ここで撮影会は終了し帰宅の徒へつきます。途中絵描きの方も参加しているので農村風景の写真を少し撮り、八ヶ岳でソフトクリームやヨーグルトを頂き小田原へ

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

カテゴリー
Please reload

アーカイブ
</